陶片窟の引き出し

hikidasi1.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 04日

呉線沿岸 その3

呉線、呉~三原間(瀬戸内さざなみ線)の陶片海岸

(風早の干潟)
d0123263_73676.jpg
                      風早、豊田高校のそばの干潟
d0123263_7365038.jpg
                          反対側からの眺め         
d0123263_7381659.jpg
                            2回分の陶片

 東広島市安芸津町の風早地区には良い干潟が多く、陶片もたくさんありました。以前歩いた時には江戸陶片は見つかりませんでしたが、最近の2回目の訪問で幕末の小片がほんの少し出ました。大量の陶片が出る場所で、しかも明治の型紙摺りの割合も高いのですが、その割に江戸陶片は少ない印象です。何度も訪れれば、19世紀の江戸モノくらいはそこそこ出そうですが、訪れた回数は少ないとはいえ、規模の大きな陶片海岸で、かなりの量を拾っていますから、ここから出てくる陶片の傾向だろうと思います。そのかわり近代陶片のわりと保存状態の良いものや、おもしろいものが幾つも見つかりました。1回目の時、香蘭社のマーク入りの碍子がたくさんあり、重くて持ち帰らなかったのが、後で思うと悔やまれます。呉駅、広駅を過ぎて、この辺りになるとJRの本数も減り、車に乗らない私にとって、通うにはけっこう時間がかかりますが、海岸の状態が良かったので、何度も行けば、もっといろいろ出てくるだろうと思っています。

(竹原市・長浜海岸)
d0123263_863710.jpg
                         竹原市・長浜の海岸          
d0123263_865476.jpg
                          反対側からの眺め
d0123263_8214246.jpg
                         竹原市・長浜の陶片

 竹原市の安芸長浜駅周辺はすぐそばに良い海岸が続き、広島の海岸の中では、陶片よりも、テーマを決めないビーチコーミングをするのに向いていそうな、歩くのに楽しい場所です。ここでも陶片は出てきますが、陶片海岸と呼ぶほど多くはありません。陶片を宮島でばかり拾っていた頃、ここで江戸時代の広東碗を拾いました。古い陶片はどこにでもあるのだという、新鮮な驚きを今でも覚えています。
[PR]

by hikidasi1 | 2007-05-04 09:20 | 陶片窟現地ツアー


<< 島の海岸 その2      呉線沿岸 その2 >>