陶片窟の引き出し

hikidasi1.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 04日

島の海岸 その1

(金輪島)
d0123263_8361667.jpg
                  金輪島。小さい島に大きな鉄塔が目立ちます。
d0123263_8411939.jpg
                            金輪島の陶片

 金輪島は広島港から見て一番近い場所にある人の住む島で、小島ですが、戦前は軍の工場などがありました。陶片の数はさほど多くはなかったですが、潮干狩りのついでに、近代陶片の大きな破片を拾っています。金輪島の海岸写真は「写るんです」で写したものを今回デジカメで写しました。m(__)m

(江田島・切串)
d0123263_8442469.jpg
                          江田島・切串の陶片

 江田島の切串には、観光潮干狩りの場所として広島では有名な大きな干潟がありますが、ここは良い陶片海岸でもあり、今までに潮干狩りを兼ねて3回くらい訪れており、江戸陶片や近代陶片を幾つも拾っています。陶片構成は、型紙摺りや銅版転写モノの比較的多い近代陶片に、江戸モノが少し混じる、陶片海岸としては平均的な部類だろうと思います。

(能美島・中町)
d0123263_8535859.jpg
                          能美島・中町の陶片

 能美島と江田島を隔てる浅瀬が昭和の初めに埋め立てられて今では一つの島になっています。港のある中町は、海岸沿いの家の表札に漁とか浜とか舟の字の入った名前が多く、古い漁師町であることがよくわかります。写真が無いのが悔やまれますが、良い干潟が多く、牡蠣養殖の棚のそばなどを歩きながら拾いました。明治~昭和戦前の陶片はけっこう多く、江戸陶片も混じります。写真には写っていませんが、統制番号入りも拾っています。コーラの瓶や牛乳瓶が完品でごろごろ出てくる、ガラス片の多い豊かな干潟でしたから、何度も通えば、そこそこいろいろなものが出てくるのではないかと思います。
[PR]

by hikidasi1 | 2007-05-04 09:20 | 陶片窟現地ツアー


<< 島の海岸 その2      呉線沿岸 その2 >>