2007年 05月 05日

中国陶磁・福建省のものなど

d0123263_23402163.jpg
d0123263_23405552.jpg
d0123263_23411623.jpg
 上の染付小皿は16世紀末~17世紀前半くらいに、福建省など、中国南部で焼かれた可能性が高いそうです。 2002年に拾った時は、やはりちょっと妙だとは思いながら、中国陶磁だとは気がつきませんでした。

d0123263_7251759.jpg
d0123263_7253498.jpg
 2005年にこれを拾った時は、さすがにひと目で中国モノだろうと思いました。中国のものはなんと言っても断面の感じが違うんです。全体のひょろひょろっとした感じが上の陶片に少し似ている気もしましたが、中国のどの地域のものなのか判らないでいます。明の時代くらいか?
d0123263_7254983.jpg
d0123263_7281457.jpg
 裏側です。これ、私はてっきり砂が付着しているのだと思っていたのですが、なんと籾殻だそうです。そう言われてよく見てみると、なるほど、砂粒ではなく、細長い繊維が見えます。
[PR]

by hikidasi1 | 2007-05-05 08:11


<< 針支えの跡      宮島の中国青磁 >>