陶片窟の引き出し

hikidasi1.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 16日

修理した跡のある陶片

 現代では割れたら捨てられてしまう茶碗や皿を、江戸時代の人は修理して使っていました。特に江戸後期になって、ガラス質の材料を使う、焼き継ぎという方法が盛んになり、セトモノ屋の経営を圧迫するほどだったそうです。焼き継ぎ職人は広島にもいたそうで、実際に宮島や鞆から、そんな陶片が出てきます。大切に使われて、とうとうその使命を終え、海岸陶片となったのです。
d0123263_15551131.jpg
 飯茶碗にしては小さいので、湯呑か小鉢の類いでしょうか。18世紀後半~19世紀くらいだろうと思います。斜めに接着した跡があります。   
d0123263_15553996.jpg
 こちらはその内側です。

d0123263_1613194.jpg
d0123263_1613138.jpg
 こちらは線描きタイプの碗か。時代は幕末~明治くらいだろうと思います。

d0123263_1616102.jpg
d0123263_16172225.jpg
 鞆の干潟で、一緒に行った友人Kさんが拾ってくれたものです。これも江戸時代の陶片だと思いますが、焼き継ぎなのでしょうか?ひょっとして漆や金を使った直しでは???とも思ったのですが、よくわかりません。
[PR]

by hikidasi1 | 2007-06-16 16:53


<< 油壷      金彩の施された陶片 >>